記事一覧

サッカーWカップ予選

ファイル 71-1.jpgファイル 71-2.jpgファイル 71-3.jpgファイル 71-4.jpgファイル 71-5.jpg

は~い、11日の火曜日に行ってきました、長居スタジアム!!

F氏にチケットをまわしていただき、前から3列目長友選手の舌も見える近さでプロのパス回し、シュート大盛りを見てまいりました。

とりあえず速い、左右へ身体のフェイントが何気にむちゃくちゃ速い!
やはりA代表の本意気を感じました、結果は8対0の大勝~

試合終了後、クリーンサポーターに参加してスタンドの清掃活動に参加し、記念品をいただいて子供たちも満足で帰ってきました。


私自身、心から楽しめなかったことは、試合が始まる寸前に我が家の子供二人が足元に置いていた紙コップのジュースをこぼしてしまい前に座っておられた方に迷惑をかけてしまいました。
本当に申し訳ございませんでした、この場をかりて改めてお詫び申し上げます。

実るほど頭を垂れる稲穂かな

ファイル 70-1.jpg

工場の周りは田んぼが、たくさんあります。

朝日放送の番組にも紹介された田園風景が上神谷小学校から真っ直ぐの道両側に広がっています。

ただ今、黄金色に実った稲穂は、ことわざ通り「実るほど頭を垂れる稲穂かな」
私は、まだ実ってはおりませんが頭を垂れながら日々精進してまいります。

明日からの連休には皆さん稲刈りをされるんでしょうね~来週、風景が変わるんだろうな~

祭りのあと

ファイル 69-1.jpgファイル 69-2.jpg

1日、2日の二日間久世地区だんじり祭りが行われました!

今年は、大工方責任者をさせていただきまして、哲ちゃんがメンバーに加わり
諸事情を含め、実質七名で桝矢の屋根を任していただきました。(一日目の夜はアチにも乗ってもらいました、これがまた良かった!!)

嘉文、孝夫の二名が、二日目のパレードデビューを果たし、なんといっても二日目の夜、東山交差点最後のやり回し、スピードにものりラインもバッチシこれ以上のやり回しはない!って感じで鳥肌立ちました!
右の子屋根に哲ちゃんが当たり前ながら初めて乗り、最高の止めの合図で今年の祭りを締めることができました。
屋根の上で男五人が抱き合って喜びあいました、やっぱり祭りっていいですよね~

でも今日から仕事、声はかれ、体は筋肉痛、全身脱力感、祭りに没頭しすぎて画像が少なくすいません。

神宮参り

ファイル 68-1.jpgファイル 68-2.jpgファイル 68-3.jpg

25日に伊勢神宮のお参りの仕方を覚える為に従業員の福ちゃんと観光バスに乗って日帰りツアーに行って参りました。

お参りの仕方?とお思いの方もいらっしゃるでしょうが、私と福田氏は幸珠院というお店でパワーストーンのブレスレットを作ってもらってます。
その繋がりで幸珠院さん主催の伊勢神宮バスツアーに参加してまいりました。

外宮から内宮へと廻るのですが、お参りする気持ちとしては感謝の気持ちで手をあわせ、今日まで生かしていただいたことに感謝をし、自然の恵みに感謝をする。
お願いに行くというよりは元気でいれたお礼をしに行くようなものなんだな~と感じました。

現地では、神宮会館の支配人の井田様が丁寧に神話や歴史の話も交えながら、参拝の意味などを教えていただきました。(これがとても贅沢に感じられました)

人間(人)は清らかな気持ちで、助け合いながら真剣に生きる事を考えれば自然に道は開ける、導かれるものではないでしょうか。

試験曳き

ファイル 67-1.jpg

18日に「だんじり」のお祓い&試験曳きがありました!

が私は朝から息子のサッカーチームの主催大会の会長としてグランドで夕方まで観戦し、そこで色々ストレスの溜まることもありましたが…

それはさておき急いで18時からの灯入れ曳行に遅れながらも、気分転換!発散しに行ったところが、昼間どうも大工方と後梃子がしっくりいってなかったみたいで…

さて本番までには、まだ時間ありますし雨降って地固まるで、一致団結していい祭りにしますよ~

サボテンの花

ファイル 66-1.jpgファイル 66-2.jpg

先日、家に帰り着くと表にニョキニョキと育っているサボテン(2m位はある)がどうも傾いているなと感じた。

次の朝、起きてみると根元から折れてしまっていました。

このサボテンは、私が中学生の時に両親と姉の家族4人で鹿児島に旅行に行ったとき(家族4人の最後の旅行だった)に持ち帰ったサボテンが育てる意識もないままに、いわば放置されながらも強く育ってきた!

夏になると、鮮やかな黄色い花を付け、何度か通りがかりの方に「さし木にするので分けていただけますか」と言われたこともありました。

祭りの時には、前をだんじりが通り梃子にいた、富田さんが全身にサボテンの針が刺さって、申し訳なく思ったこともありました。

水をやるわけでもなく、剪定するわけでもなく、相手にしてなかったのに、道路の中ほどまでドカッと横たわっていた姿はとてもかわいそうに思った。

一つの時代が終わったのかな…お疲れ様でした。

百舌鳥八幡宮月見祭り

ファイル 65-1.jpgファイル 65-2.jpgファイル 65-3.jpgファイル 65-4.jpgファイル 65-5.jpg

11日(日)に朝はゆっくりめに10時頃から百舌鳥の祭りに出かけました。

というのも、昇司の友人達が太鼓に乗るという記念の年でありまして、学校の田村君、サッカーの小林君の勇姿を見させていただき、小学6年生が毎日一生懸命練習してこの日を迎えたんだと感動させていただきました。

我が家的には、私の肩に昇司が手を置きながら、男二人でお宮さんをうろうろしていると、それを後ろから見ていた嫁さんが「かっこ悪いから、そんな格好せんと、手を繋ぎなさい!」といってました。
手を繋ぐのは恥ずかしい?友達にみられるのも恥ずかしい?そんな年頃でしょう、わからんのかな~なんて思いながら二人歩いてました。

昇司にとって、特別な友達の田村君を祭りという空間で会えたことに満足していた様子にみえました。

8時過ぎに家に着き、「早くお風呂に入りなさ~い」の嫁さんの声を聞く前に昇司と風呂に入ろうと、家に上がるなり風呂場に直行したとき昇司が、私に抱きついてきて「ありがとう」と言うなり、ほっぺにキスをしてくれました。(普段はそんなことはしないのですが…)
小学6年生にしては、おぼこいのかもしれませんが、お父さんはむちゃくちゃ嬉しかったよ~

私にとっても忘れられない一日になりました。

翼の大国

ファイル 64-1.jpgファイル 64-2.jpgファイル 64-3.jpgファイル 64-4.jpg

我が家待望の「翼の大国」が届きました!
出張で飛行機に乗ったO城君ありがとう

ANAの機内にある機関誌です。

6月の板東英二さんと会った日、天満天神繁昌亭に落語を家族と娘の友達で観に行った時の事、公演終了後に、私に近づいてくる女性が言うには「翼の大国」9月号に観覧されている子供達の写真を載せてもいいですか?との事でした。

載った写真は見開き一面に、子供達と嫁さん、あれっ私は写ってませんでした…
やはりプロの写真はきれいですよね〜9月中にANAに乗ったら見てやって下さい。


落語繋がりで日曜日に彦八祭り(上方落語協会主催)に行ってまいりました!

以前から行きたかった私ですが、落語に興味があるとは知らなかった嫁さんを誘っても、却下されると余計に気分も滅入るので、誘いもしませんでしたが、繁昌亭を機に我が家の落語ブームでちょこっと遊びにいきました。

繁盛亭での『笑福亭 たま』さんが、一番印象的でひそかにファンになっていた私(ひそかじゃなくていいのですが)は、少しミーハーにも記念撮影(パチリッ)
帰ってきて興味が倍増してHPを拝見したらこれがまた面白い!たまではなくて…福笑さんが師匠というのもうなずけました。

ちなみに嫁さんは桂きん枝 さんとパチリ!これまたミーハー!

提灯つけました。

ファイル 63-1.jpg

昨日は、岸和田では試験曳きで宮本が、だんじりをこかしたとか…
わが町、堺の久世地区の桝矢では朝8時から町内の提灯つけが行われました。

先月末から青年団は鳴り物の練習を始めてますが、これから毎週何かしら祭りの準備や練習がありますねん、しんどいやら、うれしいやら!

この時期なぜか祭りが、めんどくさく思ってしまうんです。
毎年の事なのですが…

10月1日、2日の本曳きまでの心の変化を伝えていきたいものですね~
9月9日に大工方の寄合があります、この辺の集まりがどうも気分をもりあげてくるんですよね~

TANCOLORINの父

ファイル 62-1.jpg

今日、このブログの題名にもなっています、松山自動車の事務所に飾らせていただいている、タンコロリンの産みの親の垣内さん(僕のおじさん)が、長男家族(富山県在住)と総勢5名で工場を訪れてくれました。

おじさんから見た、孫さんをタンコロリンのドライバーシートに座らせた時の笑顔、その姿をデジカメで記念撮影する息子、何とも男三代の感動を感じました!!

それ以上に、おじさんが、息子に「ここにインタークーラーが付いているんだよ ~」と、何とも言えない、男同士の親子の会話に胸が熱くなりました。
僕は、高一の時に父を亡くしたので、親父からのあったかい言葉はもうもらうことはできませんが、自分の息子とこんな会話をしてみたいな~と、心底から感じました。

本当に、来ていただいてありがとうございました。
また来てくださいね!! 奥さんも娘ちゃんもネッ!